世界中の楽器を訪ねて旅するメディア

エレキギター、どんな楽器?何が弾ける?どうやって練習する?

エレキギターを弾く手元

ギターは弦楽器の中でも非常になじみ深い存在です。音楽が好きな人の中には、贔屓にしているロックバンドがあるかもしれませんが、ギタリストはその中でも特に存在感を発揮していますよね。

からだの芯をつかまれるようなかっこいいメロディをつむぎだすギター演奏を目にして、弾いてみたい!と思ったことのある方も多いのではないでしょうか。

本編では、ロックバンドには特に欠かせないエレキギターについて簡単に解説します。

またギターは独学で学ぶイメージも強い楽器ですが、音楽教室に通うメリットと、実際にどのような曲が弾けるようになるのかを東京、名古屋、大阪、神戸で開講しているEYS音楽教室のギターレッスンを例に紹介したいと思います。

エレキギターの発音の仕組みと音域は?

エレキギターは、木材で作られたボディに6本(楽器によっては7本または8本)の鉄製の弦が張ってあります。そのまま弾いたのでは音が小さく、あのエレキギター特有のうなるような音は聞こえません。電力を通した機材によって音を増幅させるため、エレキ(電気的な)ギターと呼ばれています。

発音の仕組み

エレキギターは、本体のピックアップという装置が弦の振動を受け取り、それを電気信号に変換してアンプに送ることで音が鳴るという仕組みになっています。音量や音調の調節もアンプから鳴る音で行うため、エレキギターにとってはギター本体と同じくらいアンプの存在が重要ということができます。

エレキギターの音域

エレキギターの音域は、弦の本数とフレットの数によります。 一般的な弦が6本のギターは、4オクターブ程度の音域となっています。

中には7本や8本の弦を持つものもあり、こうしたギターは音域もさらに広くなっています。 フレットの数によっても微妙に音域は異なりますが、一般的なギターは21〜24フレットの範囲で作られることが多く、最高音がやや異なる以外は大きな違いはありません。

ただエレキギターの場合は、電気信号を操作することで、音を変えることができます。音の高さを変えることもできるため、工夫次第ではさらに音域を広げることも可能です。

エレキギターの合奏の中での役割

バンドの中のギターは、華やかな主役という印象が強い楽器です。曲の主旋律をリードし、時にはソロパートで注目を浴びることもあるでしょう。またギターはコードを奏でることもできるため、ボーカルがメロディーを担当しているときは、伴奏をギターが担います。

バンドによっては、リードギターとサイドギターの2本体制で、バンドサウンドにまとまりを持たせることもあります。

エレキギターで弾く! 音楽教室でリクエストのある人気曲

バンドの花形とも言えるギター。

独学で学ぶイメージもある楽器ですし、YouTubeにはギターの弾き方を教えてくれる動画も多く上がっています。

そうはいっても、音楽教室で対面で講師とのレッスンにはまた違った楽しみもあります。講師とのセッションを通じ上達を目指せますし、音楽教室で知り合った仲間と交流することはモチベーションアップにつながることもあります。

音楽教室では基本的なギターの知識、弾き方を学び、J-POPなどの有名なギターチューンをマスターすることが多いでしょう。

音楽の楽しみは演奏にあると考えるEYS音楽教室では、生徒さんのレベルにかかわらず、リクエストの曲が弾けるようになるレッスンを行っています。実際にリクエストのあったナンバーを一部ご紹介します。上級者向けの曲の場合は、レッスンでは一部編曲を加えて演奏に臨みます。

 

  • GLAMOROUS SKY(中島美嘉)

 

  • Le Freak

 

  • YouReallyGotMe

  • Sex Machine

  • stratosphere

  • smoky

  • Bomb track

  • freeway jam

まとめ

ギターの練習は、場所を選ばない独学での練習、個別にアドバイスをもらえる音楽教室でのレッスン、どちらにもメリットがあります。

音楽教室に通うメリットには、技術面以外に、同じレベルの受講者と知り合いモチベーションを保てるといった点もあげられます。

EYS音楽教室は、仕事帰りに立ち寄りやすいロケーションの東京(銀座、渋谷、池袋、新宿、立川)、川崎、名古屋、大阪(梅田)、神戸(三宮)でギターコースを開講中。会社帰りのスタジオでの1時間は、ギターの演奏技術だけでなく、新しいコミュニティも手に入るチャンスになるでしょう。

●入会者全員にエレキギターを無料でプレゼント
EYS音楽教室のギターレッスン

 

▼ギターレッスンの料金について調べました
(記事準備中)

池田 明季哉 by
音楽好きの一家で育ち、気がつけばギターを手にしていた。好きなジャンルはロックとジャズ。一児の父で、子供と一緒に演奏するのが夢。
関連記事
No articles