世界中の楽器を訪ねて旅するメディア

中国民族楽器「二胡」の演奏方法

椅子の上の二胡

中国民族楽器の「二胡」は二本の弦の間に弓を通し演奏します。その音は人の声にとても近い音とも言われています。

二胡の本体はたった二本の弦を張った簡単な構造です。二胡の演奏はその二本の弦を竹弓で演奏するという単純な動作ではありますが、そこから出てくるのは優雅で情緒的な音色です。

伸びやかな音が癒し系の雰囲気を持ち、ヒーリングミュージックにも使われていますが、実は演奏の音色は幅広く、様々な雰囲気の曲が存在します。

▼情熱的な独奏

 

▼上記とは異なり、穏やかな気分になる、癒やしを与えてくれる演奏

さらに、二胡の合奏重奏には、独奏とはまた違う味わいのある美しさがあります。

2001年に北京で結成され、日本でも大ヒットした中国の音楽グループ女子十二楽坊の楽曲の多くでは二胡が主旋律を奏でていましたが、近年は中国だけでなく日本でも多くの二胡演奏者が活躍しています。

この頃は二胡の人気拡大に伴い、二胡のレッスンを取り扱っている音楽教室も増えており、二胡は日本でもより親しみやすい楽器となっています。本編では日本でも人気を確立しつつある二胡の演奏方法とコツについて簡単に説明します。

二胡は弓の両面を使って奏でる

二胡を弾くときは、まずはチューニング(調弦)をし次に正しい姿勢で構えます。

  • チューニング(調弦)

二胡を開放弦(弦を押さえない状態)で、内弦と外弦を奏で音程を確認し、正しい高さにチューニング(調弦)します。チューニングは二胡を弾く前に必ず行います。

  • 姿勢

二胡を弾く際は椅子に腰かけます。あまり深く腰掛けずに、膝は肩幅程度に開いて、左足の付け根の位置に二胡を置きます。

 

次に弓を動かし二胡を演奏します。弓の両面を使って二胡の弦をこすります。

  • 右手:弓

右手で弓を持ちます。弓を押し出すようにこする「押し弓」と、弓を引くようにこする「引き弓」で演奏します。

  • 左手:弦

左手は二胡の竿を持ち弦を押さえます。手首の関節を曲げないよう、リラックスして持ちます。正しく二胡を持つことでポジション移動(弦を押さえる指の位置の移動)やビブラートが可能になります。

二胡の演奏のコツと取り扱いの注意点

  • リラックスすること

二胡の演奏時はリラックスしないと、右手も左手もなめらかな動きができず、結果として美しい音が出ません。二胡を演奏する際は緊張して力が入らないようにしましょう。

  • 二胡の楽譜の読み方を覚える

二胡を演奏するときには数字譜を使います。数字譜では譜面の「1234567」が、五線譜の「ドレミファソラシ」に当たります。また、「押し弓」と「引き弓」も楽譜上に書かれています。これらの読み方をマスターすれば、二胡の上達に一歩近づけるでしょう。

  • 二胡の弓の手入れ(松脂)

二胡は弓の両面を使って演奏する楽器です。美しい音を保ち、スムーズに運弓するためには弓に松脂を塗る作業は欠かせません。二胡の演奏の前には、弓の両面の端々まで塗り残しのないように松脂を塗ります。

  • 保管時は二胡の弦と弓が触れないようにする

二胡は天然素材で作られています。二胡は恒久的に使うものではなく消耗品ではありますが、高温多湿・極度の乾燥は傷みを早める原因となるので避けたいところ。二胡の保管時は弦に弓が触れないように、大きめのハンカチか二胡専用タオルで二胡本体を覆ってからケースにしまいましょう。

まとめ

以上、簡単に二胡の演奏方法と演奏のコツ、そして保管時の注意を見てきました。

聴くだけで癒される二胡ですが、演奏時は体をリラックスさせることも必要です。余分な力を抜いて二胡に触れているうち、心もリフレッシュされるかもしれませんね!

 

無料体験レッスン、入会者への楽器プレゼントあり!
音楽を始めたい大人女子向け「音ガール」の二胡教室、二胡レッスン

かすみみどり by
子育て奮闘中のママライター。太鼓の音色を聴くと大興奮するふたりの男の子と一緒に、ジャズ・ロック・民族音楽などジャンル問わず聴いている毎日です。トランペット、ユーフォニウム、チューバの経験あり。今年こそはサックスを習いたい!